架空請求をしてくる

住所は明かさない

年齢証明のときに住所や顔写真を送ってしまうと悪徳業者に悪用される可能性があります。

メールから送ってくるケースも

出会い系サイトでは無料と最初に偽って後になって架空請求をしてくる悪徳業者も存在します。

出会い系サイトのみならずインターネットサービスにおける非常に多いこの手口ですが、基本的に利用料金の記載が定められたところに記載がなかった場合は料金の支払い義務に応じなくて良いのです。

定められたところというのは料金専用ページかトップページに書いていないといけません。多くのサイトが料金専用ページを設けているところが多いでしょう。

しかし、悪徳業者の場合は利用規約のような大量の文章で小さな文字で書かれていて料金が小さく書かれているからしっかりと払ってくださいといってきます。

こういった普段人が見ないようなところに書いて料金を請求するという手口は一昔前にインターネットの法律がしっかりと定められていない時は決まった場所に書かなくてはいけないという指定がなかったので支払いに応じなければいけませんでした。

しかし、今はもうキチンとインターネットの法律で定められているので支払う必要はないのですが、インターネットにあまり詳しくない人はうっかり払ってしまう人が多いです。

悪質な悪徳業者になると途中で有料サイトに全くそっくりなサイトを一つ作ってお金がかかるようになっていて途中で金銭を要求してきたりします。

こういった場合もしっかりと明記されていないのであれば支払いに応じなくて良いのです。

自分では対処できないと思ったら弁護士や国民消費者センターなどに相談しましょう。

大手出会い系サイト

↑ PAGE TOP