メールの送り方

喜怒哀楽をはっきりと

文章で相手に好印象に得られる方法について紹介していきます。

押さえておきたいポイント

出会い系サイトというのをはじめようと思っている人はメールでコミュニケーションをとるということの難しさを改めて理解して言ってほうがいいと思います。

相手と対面しなくて相手とコミュニケーションをとれるということはいいことかもしれませんが、ある意味非常に難しいことでもあります。相手がどういった感情でメールをしているのか?というのがなかなか分かりませんよね。

自分がものすごく楽しそうに送ったかもしれませんが、相手は意外と冷静だったりします。また文章で伝えることが苦手な人だっています。対話だったら得意な人もいざメールで話そうと思ったらなかなか難しいという人もいますよね。

だからこそここではメールを送るときの必要なことをポイントを押さえて紹介していきたいと思います。

まず大切なのはメールというのは文章だということを理解しましょう。意外と相手には伝わっていかないのでオーバーリアクションで送るようにしましょう。はっきりと喜怒哀楽をつけて相手をアピールしましょう。

次に大切なのは基本的にメールを送るときは相手を立てて褒めるような文章が必要になってきます。褒められて嫌う人っていません。

褒めすぎてなんでも言えばいいというわけではありませんが、基本的に相手を気持ちよくさせることができれば相手は心を開きやすいのです。逆にアピールすることだけを優先してしまって上から目線で言っていたら相手からはいい印象を受けるようには感じません。

相手を褒めることを前提にメールでコミュニケーションをしましょう。

またメールというのは基本的にキャッチボールが大切でありリズムが存在します。相手が早く返信をするときは早く返信をしてゆっくりと返信をするタイプだったらゆっくり返信するようにしましょう。

リズムが合う相手とは心を開きやすくなるものです。

でも早くメールのやり取りをしたいという人もいるでしょう。だからこそ出会い系サイトでは一人の相手とやり取りをするのではなくて一度に複数の相手とコミュニケーションをとっておけば色々な人とやり取りができるのでゆっくり送ることもできるようになってきます。

相手に合わせたコミュニケーションというのをとるようにすることで仲良くなっていき自然と出会うことにつながっていきます。

また相手が乗り気じゃないのに無理に会おうとするのはまず嫌がりますし、無理やり強引に会おうとしてもいい結果にはつながりませんので相手が会いたそうにしていると思ったら会うようにしましょう。

大手出会い系サイト

↑ PAGE TOP